兵庫県養父市に移住したハンターが経営するジビエ専門店です。
「食肉処理業」「食肉販売業」の営業許可を取得し衛生的な施設で処理、管理したジビエを販売しております。

猟師専業宣言!

24歳から毎年猟にでかけ、年間10頭以上の鹿をハンティングし、
その鹿はその場できちんと内臓処理し血抜きをして自宅へ持ち帰り友人達とジビエ料理を美味しく頂くのが狩猟シーズンの楽しみでした。
昨シーズン飲食店のお手伝いする機会があり、鹿肉の話をすると大きな反響がありました。
休日のたびにいくハンティングでは鹿が取れるとフェイスブックでお知らせするやいなや、
多くのユーザー達から連絡がはいり「いつ食べれるの?」「わけてもらえる?」「試食会をしてほしい!」などと毎回連絡が入ります。
しかしながら、どんなに新鮮で処理をきちんとしても「食肉」として鹿肉を販売することはできません。
「大好きな狩猟が毎日できたら」「美味しい鹿肉を多くの人に食べてもらえたら」そんな思いが日に日に大きくなってきました。
週末だけ狩猟をしている私は鹿を取ることよりもその恵みを得ることが目的でハンティングしていますが、
多くの猟師は害獣駆除」として狩猟し、信じられないことですがその多くは放置したままとなっています。
その数兵庫県だけでも1万頭を超えてはいますが、 農作物への被害は増加の一途をたどっており有効な対抗手段が見つからないのが現状です。
また、40万人いた猟師の数も高齢化も伴い20万人まで減っており猟師の数を増やすことも必要となっています。
「それなら自分が猟師を専業することで社会の役にたつのでは?」
「きちんと食肉加工して全国にいるジビエファンへ美味しいお肉を届けることができるのでは?」
今年3月15日に猟期が終了した時点で決断しました。「猟師専業宣言」!
禁猟時期に全国の猟師さんや事業者さんにお話を聞きながら準備をすすめました。
いままでに味わったことのない「鹿肉」を全国へお届けします。

 

宝塚ジビエ工房とは?

「美味しい鹿を年中食べたい!」
そんな多くの人たちの力を借りて「宝塚ジビエ工房」は誕生しました。
有害駆除されて放置されていた鹿たちも「生きとし生けるもの」として余すことなく利活用していきます。

NEWS & TOPICS

養父市地域ブランド認定
2018/02/07 09:06
養父市地域ブランド認定

やぶ鹿が、養父市地域ブランドに認定されました!

宝塚ジビエ工房 イベント出演のお知らせ!
2017/11/04 06:31
宝塚ジビエ工房 イベント出演のお知らせ!

11月4日(土)養父市八鹿町にある「山陰美人酒造跡地」にて行われる「TANIGAKI FES 2017」TANIGAKI&WOLFブースにて精肉パフォーマンスをさせて頂きます。

【工事に伴う臨時休業のお知らせ】
2017/11/03 09:01
【工事に伴う臨時休業のお知らせ】

弊社のジビエ肉を、より安全・安心に食べて頂けるよう、食品衛生管理システム「HACCP」を導入することになりました。
食品の安全のための重要な危険ポイン...

道の駅にて販売開始!
2017/08/01 17:13
道の駅にて販売開始!

本日より、道の駅ようか但馬蔵さんにて「タレ漬け鹿肉」と「鹿肉ジャーキー(犬用)」の販売が始まりました!
皆さんよろしくお願いいたします。

神戸新聞
2017/07/22 13:35
神戸新聞

鹿肉ジャーキーが、神戸新聞に掲載しれました!

 

 

鹿肉へのこだわり

鹿肉へのこだわり

どのように獲られて、どのように処理されるかが鹿の肉の味を大きく左右します。
宝塚ジビエ工房では獲られた鹿をいち早く食肉処理するために食肉処理場を狩場の近くに作りました。

狩猟について

美味しい鹿は美味しいものを食べています。
豊かな自然溢れる但馬地方。その中でも鹿のエサが豊富にある養父と山間地で鹿を入手します。

 

狩猟方法

狩猟方法は大きく分けて ①猟銃での狩猟 ②罠での狩猟

①の場合、内臓を傷つけると食用には向きません。
②の場合 捕獲してから長時間放置していると鹿は死んでしまいます。

宝塚ジビエ工房では食肉として美味しく食べらえるものだけをお届けします。

食肉処理

捕獲された鹿は、全て1時間以内に、皮を剥ぎ内臓を除去。
搬入時に、1頭ずつ個体番号をつけて、「捕獲日、捕獲者、捕獲場所、年齢、性別、枝肉解体日」を記入し、管理。
肝臓の一部は冷凍保存し、トレーサビリティを実施しています。
「商品名」「性別」「個体重量」「個体番号」「加工日」「製造者」などをラベルに記載して出荷させて頂いております。

 

鹿肉を解体・販売するための処理施設は、 食品衛生法によって定められた「食肉処理業」(獣肉処理業)と「食品販売業」の
営業許可に必要な設備基準を満たさなければなりません。
宝塚ジビエ工房は、その両方の基準を満たす施設です。
お客様に、安心して食肉をお求めいただくために、 食肉の処理にあたっての衛生管理は厚生労働省が定める食肉調理・保存基準の他、
都道府県の条例で定められた管理運営基準を遵守いたしています。

 

 

美味しい鹿肉レシピ

美味しい鹿肉レシピ "簡単ローストヴェニソン"

材料

[ローストヴェニソン] ♦鹿肉(もも肉 または 背ロース)  ♦塩コショウ…適量  ♦チューブにんにく…適量

[ソースの材料] ♦オリーブオイル…大1  ♦レモン汁…少々  ♦玉ねぎすりおろし…1/4個分  ♦しょうゆ…大1  ♦酒…大1  ♦砂糖…大1  ♦酢…大1

つくり方

鹿のもも肉を用意します。
下味に、塩コショウ、にんにくを適量すり込みます。
フライパンで表面を焼きます。
表面が焼けたら、ジップロックに入れてしっかりと空気を抜きます。
土鍋にお湯を沸かし、沸騰したら火を止め、お肉を入れます。蓋をして30分経てばできあがり!
ソースの材料をまぜてかけ、黒コショウをふりかければ完璧です!

 

《ご注意》 お料理をする際は、肉の中心部の温度が摂氏75度で1分間以上又はこれと同等以上の効力を有する方法で調理をしてください。

 

 

«
PAGE TOP